ネイチャーゲームをすると

日々の暮らしの中で

ネイチャーゲームを体験してから「あそこにこんな花がそろそろ咲きそうだったよな」とか、「あの公園のあそこのあの木の実がそろそろなる頃だよね、どんな色になるのかな」とか気になるようになりました。
今アロマが流行っていますが、カツラの木のものすごく素敵なあまーい香りなど、自然の中にはいろんな香りがあります。そうした自然の様子について、これまではあたりまえと思っていたことが、新鮮に見えてきて「えっ!」て気づくことが増えました。
家に帰って家族が「良い顔しているね」と言ってくれるようになり、こうした暮らしの中での自然の楽しみ方というものがあるのだなと実感しています。

ひとりでも出来るということは、ネイチャーゲームの素敵なところだと思っています。
暮らしの中での実践というのかな、生活の中にうまく取り入れられているように感じています。

もちろん仲間がいると、もっと楽しいですよ。

神奈川県 北村允彦さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

子育てに活かす

自然について詳しいことを知らなくても、たとえば植物のことを知らなくても、あるいはネイチャーゲームのアクティビティのやり方や手順を知らなくても、公園だったり庭だったり、家の台所だったりで、ネイチャーゲームの要素を使って出来るというのはすごく大きな特徴だと思います。

子育てがすごくつらいものではなくて楽しいものになってくる。
それを教えてくれたのはやっぱりネイチャーゲームを知っていたからだし、「外に遊びにいける」という自信を持っていたからかなと思います。

東京都 峯岸由美子さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

保育や幼児教育の場で

ネイチャーゲームは、山や森に出かけなくても、いつものお散歩コースや近くの公園で気軽に楽しめます。
身近な場所だからこそ何度も訪れて、四季折々の自然の姿をよりリアルに感じられるところが魅力です。

ルンビニー保育園 保育士 浦野ゆう子さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

教えるよりもわかちあう、保育者自身が楽しみながら幼児に自然の魅力を伝えられる、ネイチャーゲームというしかけを通して自然体験が推進できる等、自然とのふれあいが苦手という人も積極的に保育のなかで活かせます。

母子愛育会 愛育幼稚園 園長 酒井幸子さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

子ども達とのネイチャーゲームでは、こちらが予想もしなかった反応が返ってきます。
ある日裸足で水たまりを歩いていた時、4歳児から「ぐにゅぐにゅでおもしろーい」という言葉が出ました。
気持ちよいだけでなく、おもしろいと感じられる子どもたちの感性って本当にすばらしいですね。

学校法人 早出学園 早出幼稚園 主任 鈴木景子さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

幼児期の子供たちというのは何かを教えてもらったりとか、聞いて覚えるということではなく、また何かで調べてそれを身につけていくのでは なく、感覚を使ってまわりの環境と直接かかわることで、物事を理解していきます。
自然の中には感覚で感じるものが、たくさんあります。それはいろんな匂いであるとか、音、手触りと、人工物からは得られない、さまざまな体験ができます。しかし、幼い子供たちが外の世界とかかわるには、手をつないで外に出る大人が必要です。

子供たちを取り巻いている世界が実に多様性に富んでいて、豊かであるということを自然の中から感じてほしいと思い、子供たちと手をつなぎ、ネイチャーゲームを楽しんでいます。

学校法人 早出学園 早出幼稚園 園長 荒巻太枝子さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

小学校教育の現場で

学校っていうのは友達たちがたくさんいるわけですよね。
そういうたくさんの友達と関わるという意味では、このネイチャーゲームって本当に最適のツールだと思っています。

ネイチャーゲームはひとりでやるアクティビティも多いんですけど、ひとりでやったとしてもそれで終わるわけではなくて、ゲームが終わった後にわかちあいという時間があるんです。
そのわかちあいの時間の中で、自分はこう思ったんだけども、相手は全然違うことを感じている、そういう「相手は自分と違うんだ」というところに気づけるということが、すごく大事な部分なんですよね。
学校という場でのたくさんの友達とのかかわりの中で、「自分とは違う人がこんなにたくさんいるんだ」と気づき、それが相手の良さに気づくことにつながっていくという、すごく良い活動だと思っています。

相模原市立二本松小学校 校長 井上 満さん
(ネイチャーゲーム動画「地球と遊ぼう 自然と話そう NATURE GAME」より編集掲載)

(日本ネイチャーゲーム協会HPより転載)