こころの置き所 第63回

■金環日食

高知でも 金環日食
都会より 田舎がよく見れたそう
田舎は いいぞぉ

感激のあまり 涙する
なぜ 胸が熱くなるのでしょう

人間の力ではおよばない
古代、先祖への回帰があるのでしょうか
まさに アミニズムの世界がよみがえる
・・・合掌

■食われても食われても

早春の候、庭に植えたキャベツの苗
やっと葉が大きくなった 
青虫が宿り うまそうに食われる
取り除いても 取り除いても
翌朝見ると 穴だらけ
また 葉を広げる また食われる

青虫は ずるがしこい
うまく芯やら葉裏やらに
カモフラージュして
わたしをだます

それでも やっと結球したようだ
キャベツは葉を増やしながら 
青虫に食べらす
その間をぬって 結球する知恵

どうやら キャベツと青虫は
共存しているかのようだ

自然界とは不思議なものだ
いつかは 実る

2012.05.21

爽やかな風が 届きますように・・・
++++++++++++++++++++++++++++++
兼松 憲一
++++++++++++++++++++++++++++++

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip


This entry was posted in こころの置き所. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ